かぎ針編みの“円編み”で長編みのサークルバッグを作りました

こんにちはROURANCA  KNITです。

円編みのサークルバッグを作ったので紹介させていただきます。

スポンサーリンク

タッセル付きのおしゃれなサークルバッグ

直径34cmもある大きめの丸バッグ。

円編みは細編みだと時間がかかるので長編みにして、側面のマチだけを細編みしました。

ポイントにタッセルを作って取り付けました。タッセルはNatural Cotton(ナチュラルコットン)という糸を使用。

使用したペーパーヤーン

使用した毛糸はこちら。sawadaitto の新しい毛糸“TAKUMI LILY(タクミ リリー)”750円(税込み)です。


麻ライクな清涼感とシャリ感のある扁平糸。とっても細い “和紙” のペーパーヤーンをリリヤンにしているので、よくあるペーパーヤーンとはまた少し違った表情です。

カラーは使いやすいアースカラーが8色展開。

サークルバッグの作り方

材料

タクミ リリー(753 ブラウン)9玉

道具

かぎ針 5/0号(3mm)

出来上がりサイズ

直径 34cm、ひも 72cm

編み方解説

1.両面は長編みを13ピッチ(1段目が13目スタート)で15段。同じものを2枚編みます。

図にすると、こちら図の1ピッチを13回くり返します。(l=長編み、V=長編み2目編み入れる)

2.側面は細編み10目×126段。

3.表と裏の円と側面を引き抜き編みでつなぎ合わせます。

4.ひもは細編み144目×2段して、最後に引き抜き1段入れました。同じものを2本編みます。

5.毛糸とじ針を使って、ひもを取り付けます。

出来上がり♪

まとめ

ツヤがなく夏だけでなく年中使える感じです。

リリヤンのためか、セレクトショップで売っているブランドバックのような、高級感にある仕上がりになりました。

東京・南青山にある sawadaitto の店舗には、実物の作品が展示してありますので、よかったら見にいらして下さいね。

毛糸をご購入の方でご希望の方には、無料編み図もお渡ししております。

♥あわせて読みたい

ルールがわかれば簡単♪自分で編み図が作れる『円編み』の増し方と目数の法則
自由に円を編むには、どんな毛糸でも共通の基本の1ピッチを理解すること。そのあとで毛糸の特性に…
円編み長編み20段の編み図表(自分用あんちょこ的なものです)
細編みの長編み20段までの編み図表です。 自分用にサッと見たいので表示させていますが、…
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク