ルールがわかれば簡単♪自分で編み図が作れる『円編み』の増し方と目数の法則

自由に円を編むには、どんな毛糸でも共通の基本の1ピッチを理解すること。そのあとで毛糸の特性によって、何ピッチ繰り返すか?を考えます。

円編みの法則を理解すれば、編み図がなくても自分で編み図が作れるようになるので、じっくり読んでみて下さいね。

スポンサーリンク

円編みの法則を覚えよう

円編みは基本の1ピッチのくり返し

毛糸の特性によって、くり返し回数がかわるだけで、どんな毛糸でも共通の、基本の柄のくり返しで円は出来ています。

今回は細編みでご説明しますが、中長編み、長編みでも理屈は同じです。

水色の部分が1ピッチ。こちらは7回くり返しています。細編みだと通常6ピッチ~7ピッチです(長編みだと12~15ピッチくらいかな)。

この図のように、増し目を同じ位置で毎段重なると、編みあがると角が出来てしまいます。

実際には増し目の位置をずらして角が出来ないように編みますが、理解するのに見ずらいので、今回は整列した図で説明します。

円編みの増し目位置についてはこちらで解説しています。
円編みの増し目位置による上がりの違い
円編みの増し目位置は編み図によって異なりますよね。増し目の位置に決まりや法則はあるのでしょう…

上の編み図の1ピッチ部分(水色部分)をクローズアップしてみます。

こま編み= l    増し目= V

段数 目数 図解 増し目間隔
10段目 10目 V  l  l  l  l  l  l  l  l 8目とばす
9段目 9目 l  l  l  l  l  l  l 7目とばす
8段目 8目 V  l  l  l  l  l  l 6目とばす
7段目 7目 V  l  l  l  l  l 5目とばす
6段目 6目 l  l  l  l 4目とばす
5段目 5目 l  l  l 3目とばす
4段目 4目 l  l 2目とばす
3段目 3目 l 1目とばす
2段目 2目 V とばしゼロ
1段目 1目 l 増し目ゼロ

例えば 5段目は目数は5目で1ピッチ(目数=段数)。

 l  l  l

右からスタートとしたら、細編みを3目とばしで【増し目】が入ります。

段数-2目(増し目)=細編み目数です。

1・2・3・ 増し目(4・5 )1・2・3・【 増し目(4・5) 】と、ピッチ数分、数回くり返し編みます。

5段目なら増し目( 4・5 )6段目なら増し目(5・6 )と、段数と同じ数字の最後の目を合わせた最後の2目が増し目の目になります。

10段目までしか書いていませんが、この先も同じ要領でいけます。

ピッチ数は毛糸の特性により変わる

細編みの場合は1ピッチを6回 くり返す6ピッチが基本ですが、7~8ピッチのものもあります。(長編みだと12~15ピッチくらい)。

なぜ同じ細編みのときでも、ピッチ数が色々あるかというと、毛糸には色んな特性があるからです。

(平らな円にしたい場合)コットン、麻などは6ピッチで大丈夫です。その他の素材ですと糸の伸縮性で変わります。

伸縮性のある毛糸の場合は7~8ピッチくらいになります。

毛糸の特性とピッチ数が合っていないと、“丸まる”“反り返る”“畝る”“波打つ”などの現象がおきます。

改善方法はこちらでご紹介しています。
かぎ針編みの円編みの “丸まる”“反り返る” を改善するには?
編み図どおりに円編みを編んでも、“丸まる”“反り返る”  場合は毛糸の性質に対して目数が少な…
かぎ針編みの円編みの “畝る”“波打つ” を改善するには?
編み図どおりに円編みを編んでも、“畝る”“波打つ” 場合は毛糸に対して目数が多いです。 …

まとめ

編み図がなくても自分で編み図が作れるようになれるように、円編みの法則をご紹介しました。

円編みはバック、バスケット、帽子など小物つくりには欠かせない編み方です。

是非、覚えて今後の雑貨つくりの参考にしてください。