極太毛糸の太さとは?初心者さんでもすぐ編める!人気の極太毛糸の太さや種類まとめ

スポンサーリンク

極太毛糸とは?

“極太” は “ゴクブト” と読みます

極太毛糸の読み方は “ゴクブトケイト” と読みます。

“極太” は “並太” や “太” より太く、“極々太” や “超極太” より細い

毛糸の太さタイプは、細かく分けると11分類くらいあります。

太い順に

超々極太>超極太>極々太>極太>並太>合太>中細>合細>極細>超極細

あとはメーカーによって採用しているタイプ名が異なり、必ず入っているのは以下の6つ。

超極太>極太>並太>合太>中細>極細

ですが、各社で必要なものをプラスして、だいたい7~8分類くらいに分けているメーカーが多いです。

極々太毛糸は分けずに極太毛糸に統一しているメーカーさんが殆どなので、このページも2つ合わせて“極太毛糸”としてご紹介していきますね。

なお、各社の太さ分類についてはこちらのページにまとめてあります。

毛糸の太さの種類とは? “並太” “中細”タイプなどの番手はいくつ?
毛糸の太さは正しくは『番手』というもので表現されるのですが、手芸の世界では大まかに分類した『…

スポンサーリンク

極太毛糸の太さとは?

一般小売の手芸屋さん、毛糸屋さんで売っている毛糸には糸の太さを表す表示として “超極太” “極々太” “極太” などと糸タイプの表示がされていますね。

海外ですと “Jumbo” “Bulky” “Chunky” “Aran” とか言われます。

でもこれって 手芸の世界でわかりやすく省略した呼び方なんです。だから同じ“極太” の中にも色んな太さがあるんですね。

もう少し細かく太さを知ろうとするならば、 “番手” というものになりますが、この番手というのも正確に言うと糸の太さそのものではなく、一定の重さに対しての長さを表すものなので、素材によって同じ番手でも太さが変わってしまいます。

そこで手編みの世界で便利に使われるのが “WPI” ” というものですが、残念ながら日本にはあまり普及していません。

日本でもこちらが普及すると便利なのではないかと思っています。

それでは次の項目から  “番手”  “WPI” ” を詳しく見ていきましょう。

極太毛糸は番手で言うと0.8~1.5番くらいです

ここからは少し専門的になってしまうのですが、“番手” には種類がありまして、一番よく使われるのは “毛番手” と呼ばれる “メートル番手” です。

その糸が1000gに何メートルあるか?を意味する数値で、極太毛糸極々太毛糸の場合は1000gに 800~1500M(~2000M)くらいあります。

同じ番手でもフワフワした糸は軽いので太かったり、ずっしり重いと細かったりします。

そのため太さは正確ではないのですが、太さの目安として繊維業界、プロの世界では使われています。

“極太”や“並太”が日本国内だけで通用する表現なのと違い、“番手”は世界で共通する単位です。ただし手芸業界では一般的ではないのが残念ですが。

自分で番手を調べるには?

毛糸玉のラベルには “メーター” と “グラム” が書いてありますよね。そこから番手は計算できます。

定番毛糸を番手順に並べて一覧を作りました。

【保存版】秋冬毛糸の番手一覧表:各メーカーの毛糸の番手がわかる便利な表です
各メーカーの秋冬毛糸を番手順に並べました。『番手』は“並太”や“中細”などより細かく分類出来…

極太毛糸極々太毛糸のラベルは、凡そ以下のような数字が書いてあると思います。

1g=0.8~1.5M(~2M)くらい

25g玉=20~37.5M(~50M)くらい

30g玉=24~45M(~60M)くらい

40g玉=32~60M(~80M)くらい

50g玉=40~75M(~100M)くらい

100g玉=80~150M(~200M)くらい

計算式  毛番手=メーター÷グラム にあて込んでみましょう。

100g玉=150M ならば 150M÷100g=1.5 となり、番手は 1.5 番となります。

極太毛糸~極々太毛糸の番手は凡そ 0.8~1.5番(~2番)くらいになります。

*番手の数字は小さい方が太いです。

極太毛糸はWPIで言うと 7~8WPIくらいです

WPI” ” というのは、目盛りが振ってある棒に糸を巻き付けて、1インチ間に何回糸が巻き取れるか?によって糸の太さの目安をつけるもので、巻き付けた回数を “WPI” ” という単位で表します。

極太毛糸を巻き付けると凡そ7~8回巻き付けられるので、7~8WPIとされます。

海外ではわりとメジャーなツールで、WPI”  がわかると “ravelry” (海外の有名な編み物SNS)を見てもわかりやすくなります。

こちらのお店でWPIツールがご購入できます。

極太毛糸のゲージは?

(棒針)ゲージ目安

横12目~16目くらい × 縦15~20段くらい

機械編み(家庭機)目安

9mmメイン。細めの極太なら 6.5mmも入ります。

工業編み機ゲージ目安

1.5~2ゲージ(細い物なら3ゲージ)クラス
極太の中でも太い物だと機械に入らないので手編みで生産します。

極太毛糸の代替えになる毛糸は?

並太毛糸くらいを2本取りで極太毛糸と同じくらい

合太毛糸くらいを3本取り極太毛糸と同じくらい

細めの極太毛糸の代替えなら、合太くらいを2本取り、または中細くらいを3本取りです。

太めの極太毛糸の代替えなら、くらいを2本取り、または並太くらいを3本取りです。

同じ混率、同じ形状の毛糸ならこのくらいになります。番手にもよるので、あくまで目安になりますが、参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

極太毛糸向けの編み針とは?

極太毛糸向けのかぎ針編み号数

極太毛糸は7/0号(4mm)~ジャンボ8mmくらいのかぎ針で編みます

基本的には、1本取りで 編むなら7 /0号(4mm)~ジャンボ8mmくらいのかぎ針が適しています。

まれに極太極々太と二種類に太さを分けている一部のメーカーさんがあり、そのメーカーの毛糸の場合ですと、極太 7/0号(4mm)~10/0号(6mm)、極々太 10/0号(6mm)~ジャンボ8mm くらいになります。

極太毛糸向けの棒針号数

極太毛糸は9号~7mmくらいの棒針で編みます

基本的には、1本取りで 編むなら 9号~7mmくらいの棒針が適しています。

まれに極太極々太と二種類に太さを分けているメーカーさんがあり、そのメーカーの毛糸の場合ですと、極太 9~15号、極々太 14~7mmくらいになります。

極太毛糸に向いているアイテムは?

極太毛糸は “マフラー”  “スヌード” “帽子” “バック” “バスケット”などの雑貨や、 “カウチンセーター” などを編むのに向いています。

ちょうど最近はチャンキーニットが流行っていますので、ビックサイズセーターカーディガンも編んでもいいと思います。

トレンドなのでそのうち流行らなくなりますが、トレンドのビックサイズニットを作る際の見巾は65~70cm、袖巾 23~27cmとかなり大きいです。

控えめに見巾60cmくらいで作るとわりと普通になってしまうのでご注意を。

まとめ

このページでは初心者の方~ベテランの方まで役に立つ、“極太毛糸” の情報をまとめました。

ネットで毛糸を購入するとき、量り売りの毛糸を購入するとき、何を編もうか悩まれているとき、どの針を使用していいか悩んだ時など、お悩みの際にお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク