番手の読み方と間違いやすい糸取り本数の読み方

番手ってちょっと初心者の方にはわかりずらくて、書籍やネットの文字だけでは読み方がわかりませんよね?

ここでは “番手の読み方” と、合わせて勘違いしやすい “編むときの糸取り本数の読み方” を紹介しておきましょう。

スポンサーリンク

番手の読み方

単糸(1本だけで撚られた糸)

1/30 サンマルタンシサンマルタン
1/3 サンバンタンシサンバンタン など

双糸(2本で撚られた糸)

市販の毛糸で言うと『2プライ』とか『ツープライ』ってありますよね。英語ならそれの事ですが、日本の繊維業界では、

2/48 ヨンパチソウシヨンパチソウヨンパチ
2/30 サンマルソウシサンマルソウサンマル

など・・・と読みます。

同じ『ツープライ』と言っても、元糸が何番手の毛糸を使ったかで太さは変わります。

タン(単糸)やミッコ(3本)など本数を省略している場合、例えば “ヨンパチ” “サンマル” などは、双糸というのが暗黙の了解となっています。

3本以上の多本取りで撚られた糸

市販の毛糸で言うと『3プライ』とか『スリープライ』ってありますよね。英語ならそれの事ですが、日本の繊維業界では

3/30 サンマルミッコ
4/30 サンマルヨッコ

など・・・と読みます。

同じ『スリープライ』と言っても、元糸が何番手の毛糸を使ったかで太さは変わります。

糸取り本数の読み方

番手の双糸の2本取りと、編むときの取り本数の2本取りがあります。

英語読みならどちらも『ツープライ』ですが、日本の繊維業界では読み方が異なります。

編むときの糸の取本数を表現する場合は、以下のように読んで下さいね。

2本取りで編む

「二本取り(ニホンドリ)」や「2PLY(ツープライ)」と言います。(英語の場合は撚糸もツープライですが)

2/48( ヨンパチソウ) を2本取りなら 2/48 2PLY と書きます。

黒太文字が番手の読み方。赤太文字が糸取り本数の読み方です。

ヨンパチソウ ニホンドリ or  ヨンパチソウ ニホン、短縮して、ヨンパチ ニホン or ヨンパチ ツープライ などと読みます。

3本取りで編む

「三本取り(サンボンドリ)」や「3PLY(スリープライ)」と言います。(英語の場合は撚糸もツープライですが)

3/30(サンマルミッコ) を3本取りなら 3/30 3PLYと書きます。

黒太文字が番手の読み方。赤太文字が糸取り本数の読み方です。

サンマルミッコ  サンボンドリ or サンマルミッコ  サンボン or サンマルミッコ スリープライ などと読みます。