【かぎ針編み】円編みの “丸まる”“反り返る”“畝る”“波打つ” を改善するには?

編み図どおりに円編みを編んでも、丸まったり、波打ったりしてしまう場合、スチームアイロンをかけて落ち着かせてしまう方が殆どです。

もちろん 少しならそれで収まるのでOKですが、丸まりや波打ちが激しい場合は、一旦は収まったように見えても、また時間が経つと丸まったり波打ったりしてしまいます。

丸まりや波打ちが激しい場合は、毛糸の特性に合う目数に調整して改善する方がよいです。

円編みの法則を理解して、自分で編み図が調整出来るようになるといいですよ。

このページでは、円編みが“丸まる”“反り返る”  “畝る”“波打つ” の原因と改善方法をまとめています。

スポンサーリンク

かぎ針で円編みがきれいに出来ない理由

かぎ針編みの円編みが “丸まる”“反り返る” のは目数が少ない

編み図の目数で編んでも、テンションがあり縮みやすい毛糸では外周寸法が足りなくなって、フチが“反り返ったり”“丸まったり”してしまうことがあります。

*画像は(円と同数目数の)六角形。(ピッチがわかりやすいように)

“丸まる” “反り返る”  などを改善するには、円編みの法則を理解して、毛糸の特性と目数が合うように、自分で編み図を調整しましょう。

改善方法をすぐに見たい方はこちらから
丸まりを防ぐにはピッチ数(=スタート目数)を増やそう

かぎ針編みの円編みが “畝る”“波打つ” のは目数が多い

7ピッチ(7目スタート)や8ピッチ(8目スタート)で書かれた編み図で円を編む場合、使用する毛糸によっては外周寸法が多くなりすぎて、 “畝り” や “波打ち”  が出る場合があります。

*画像は(円と同数目数の)八角形。(ピッチがわかりやすいように)

“波打ち”  “畝る” などを改善するには、円編みの法則を理解して、毛糸の特性と目数が合うように、自分で編み図を調整しましょう。

改善方法をすぐに見たい方はこちらから
波打ちを防ぐにはピッチ数(=スタート目数)を減らそう

円編み時のトラブルを改善するには?

円編みの法則を理解する

円編みをきれいに編むには、円編みの法則を理解して、自分で編み図を調整出来るようになりましょう。

円を編みは基本の1ピッチを数回くり返しすことで出来上がります。この1ピッチはどんな毛糸でも共通です。

円編みの基本の1ピッチ

l=細編み(+)、V=細編み2目編み入れる とする

段数 目数 図解 増し目間隔
10段目 10目  V  l  l  l  l  l  l  l  l 8目とばす
9段目 9目  V  l  l  l  l  l  l  l 7目とばす
8段目 8目  V  l  l  l  l  l  l 6目とばす
7段目 7目  V  l  l  l  l  l 5目とばす
6段目 6目  V  l  l  l  l 4目とばす
5段目 5目  V  l  l  l 3目とばす
4段目 4目  V  l  l 2目とばす
3段目 3目  V  l 1目とばす
2段目 2目  V とばしゼロ
1段目 1目  l 増し目ゼロ

こちらは7ピッチ(1段目の細編み7目スタート)の編み図です。

水色の網掛け部分が1ピッチ。同じものを7回繰り返しています。

*わかりやすくする為、ここでは増し目の位置を揃えています。
実際はこのまま編むと多角形になるので、円の場合は増し目の位置をずらします。

伸縮性のない毛糸の場合は1ピッチを6回くり返しますが、伸縮性のある毛糸の場合は7回~8回くり返します。

ピッチ数が違うと総目数が変わる

1ピッチ目数×ピッチ数=総目数

当たり前ですが、繰り返す回数が増えた分だけ総目数は増えますよね。

段数 1ピッチ目数 6ピッチ総目数 7ピッチ総目数
8ピッチ総目数
10段目 10 60 70 80
9段目 9 54 63 72
8段目 8 48 56 64
7段目 7 42 49 56
6段目 6 36 42 48
5段目 5 30 35 40
4段目 4 24 28 32
3段目 3 18 21 24
2段目 2 12 14 16
1段目 1 6 7 8

ピッチ数が違うと同じ段でも総目数がだいぶ変わるのがわかります。

違う毛糸で作られた編み図で作ると、自分が編んでいる『毛糸の特性』と『ピッチ数』が合わない場合があります。

毛糸の特性』と『ピッチ数』が合わないと、“丸まる”“波打つ”などがおきてしまうんですね。

編み図の目数を自分で調整しよう

編み図通りではきれいに出来なかった場合、ピッチ数を変更して丁度よい目数に整えましょう。

左から6ピッチ(=六角形)、7ピッチ(=七角形)、8ピッチ(=八角形)で10段編んだものです。同じ10段で編んでも外周の目数はだいぶ異なり、仕上がりの大きさも変わりますね。

*画像はわかりやすいように(円と同数目数の)多角形になっています。

コースターやマットなど、円編みだけで終わりの場合は大きさが変わっても問題ありませんが、バックやカゴなどの場合は、大きさが変わると取っ手の位置はどうするのか?など困ることが出てきますよね。

上がりのサイズをキープしたいときは、外周目数が近くなる段数に変更して編みましょう。

丸まりを防ぐにはピッチ数を増やそう

“丸まる”“反り返る” ときは、目数が少ないのでピッチ数(=スタート目数)を増やします。

1段目の細編みが6目スタートなら6ピッチなので、7目スタート(7ピッチ)にします。足りなければ更にもう1目プラスして8目スタート(8ピッチ)にします。

ピッチを増やすと同じ段数で編んでも目数が増えるので大きく上がります。

上がりの大きさをキープしたい場合は、目数が一番近い段数にします。

例えば・・・

例1

6ピッチ 8段48目で丸まる場合 → 7ピッチに増やすと、7段が49目で近いので7段にする。

例2
7ピッチ 8段56目で丸まる場合 → 8ピッチに増やすと、7段が56目が同じなので7段にする。

段数 1ピッチ目数 6ピッチ総目数 7ピッチ総目数
8ピッチ総目数
10段目 10 60 70 80
9段目 9 54 63 72
8段目 8 48 56 64
7段目 7 42 49 56
6段目 6 36 42 48
5段目 5 30 35 40
4段目 4 24 28 32
3段目 3 18 21 24
2段目 2 12 14 16
1段目 1 6 7 8

スポンサーリンク

波打ちを防ぐにはピッチ数を減らそう

“畝る”“波打つ” ときは、目数が多いのでピッチ数(=スタート目数)を減らします。

1段目の細編みが8目スタートなら8ピッチなので、7目スタート(7ピッチ)にします。足りなければ更にもう1目マイナスして6目スタート(6ピッチ)にします。

ピッチを減らすと同じ段数で編んでも目数が減るので小さく上がります。

上がりの大きさをキープしたい場合は、目数が一番近い段数にします。

例えば・・・

例1

7ピッチ 7段49目で波打つ場合 → 6ピッチに減らすと、8段が48目で近いので8段にする。

例2

8ピッチ 7段56目で波打つ場合 → 7ピッチに減らすと、8段が56目で近いので8段にする。

段数 1ピッチ目数 6ピッチ総目数 7ピッチ総目数
8ピッチ総目数
10段目 10 60 70 80
9段目 9 54 63 72
8段目 8 48 56 64
7段目 7 42 49 56
6段目 6 36 42 48
5段目 5 30 35 40
4段目 4 24 28 32
3段目 3 18 21 24
2段目 2 12 14 16
1段目 1 6 7 8

スポンサーリンク

まとめ

“丸まる” “反り返る”  “波打ち” “畝る” などを改善するには、円編みの法則を理解して、毛糸の特性と目数が合うように、自分で編み図を調整しましょう。

円編みの法則が理解できるアイテムを編むワークショップを開催しています。理解しづらかった方は、ぜひ参加してみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク