ニットデザイナー“chassa”のプライベートブログです。
こちらはかぎ針や棒針の手編みの基礎から専門的な毛糸の知識などご紹介しています。小物の作り方では【30分で出来る!】~【1日で出来る!】までの簡単なものをご紹介していく予定です。

ネコ耳カチュームの作り方2

投稿者 CHASSA  2013年10月06日 (日)

 

今年はアニマルが大ブレイク中です。大人物ではヒョウ柄のお洋服とか、子供用では動物のお顔の帽子とか・・・。今年の秋冬のコレクションでもゼブラ柄がけっこう出ていました。

ってことで、まだまだ注目のアニマルさんなので、またもやネコ耳カチュームを作りました。

 

ねこ耳カチューシャの作り方


材料

●段染めカスリの超極太糸(毛番手1/0.95)
●超極太(毛番1/0.8)
●4コール平ゴム(幅4~5mm)

こちらの猫耳が作れる手編みキットを作りました!

 

道具

絶対必要な道具
●編み棒 15号針
●かぎ針 10/0 (6mm)
●毛糸針(ゴム通し針でもOK)
●糸切りハサミ

あったら便利な道具
●編み棒 7mm針
●かぎ針 5/0 (3mm )くらい

 

編み方 


1.段染めカスリ糸で
作り目を8目作る。 

一般的には実際に編む15号針2本で作るけど、それだと目が大きくなっちゃうので、ワンランク太い7mm針1本で作るのがおすすめ。ない場合は15号針1本でゆる~く作ってみて。

 

作り目がわからない方はこちらの「指にかける作り目」をご覧ください!

 

2.メリヤス編みで左右で減らしながら図のように三角に編みます。

手描きでごめんなさい。

作り目8目→裏目8目→表目8目→裏目8目→

5段目から表目で右上2目一度+表目4目+表目で左上2目一度→裏目6目→表目6目→裏目6目→

9段目から表目で右上2目一度+表目2目+表目で左上2目一度→裏目4目→

11段目から表目で右上2目一度表目で左上2目一度→裏目2目→表目で右上2目一度

 

減らし目がわからない方はこちらをご覧ください!

 

こんな感じに上がります。

      ↓ ↓ ↓

 

糸を7cmくらい残してカットします。

 

 

3.最後の1目を引き抜き、裏側中心の編み目に通して始末する。

 

かぎ針に変えて引き抜く。

 裏側にして中心の裏目に通す。

下まで通したら折り返して、あまり端っこじゃないところで終わりになるように糸をカットする。

はい三角が出来ました!!合計で4枚作ります。

4.2枚を中裏目にして合わせて波縫いで接ぎます。

周りをかがるんじゃなくて波縫いね。
底は閉じないで開けておいてね! 

 

2つのお耳が出来たらバンドになる部分を編みます。

5. “くさり編み” を10目作ります。

 糸を単色の糸に変えて配色にします。
かぎ針 10/0 (6mm)で編んでいます。

 

6.三角の底辺の目を拾って細編みしていきます。

二枚じゃなくて一枚づつ編んでいきます。(耳の底は閉じません)
ここは編みやすいように細い針に持ち替えました。 

 

ひとつの三角が終わったら

7.5目 “くさり編み” をして、次の三角を編みます。

耳と耳の間になります。

あんまり近いと“猫耳” じゃなくて “鬼の角” になります。子供で4~5目で、大人の場合は7~8目くらいでしょうか。今回は子供用として5目にしています。
 

8.次の三角が終わったら  “くさり編み” を10目します。

9.ひっくり返して “くさり編み” を拾って細編みをしていきます。

三角のところはまだ細編みしてない方の三角一枚だけを細編みしていきます。ここでも耳の底は閉じません。端までずっと細編みしていきます。

 

10.端まで細編み出来たら編みはしの糸処理をします。

見えないように隠して、いらないのは切ってしまいます。

 

11.ベルトの両端に黒い4~5コールくらいの平ゴムを通して輪でつけます。

工程6、工程9で耳底を閉じなかったので耳の底は輪になっています。
閉じない方が着用時に安定します。

 

はい、1時間以内で完成!!

友達の子供たちに大人気な “ねこ耳カチューム” です。
すぐに出来ちゃうので、宜しかったら編んであげて下さいね!!

 

 ねこ耳カチューム手編みキット作りました!

ネコ耳カチューム(知的な子猫)

1,050
ネコ耳カチューム(おてんばな子猫)

1,050
ネコ耳カチューム(おしゃべりな子猫)

1,260

関連するキーワード