ニットデザイナー“chassa”のプライベートブログです。編み物というよりアパレルのニットと毛糸のことを中心に、日々の生活の健忘録も兼ねて(笑)気長にのんびりつづっています。

合唱曲「おそすぎないうちに♪」

投稿者 CHASSA  2007年02月23日 (金)

 

「おそすぎないうちに」という合唱曲を皆さんご存知でしょうか? ちなみに私は最近マイミクさんの日記で知ったのですが、 これがまたいい詩なんです。読んでみて!

———————————————————————————–

おそすぎないうちに—作詞作曲 中山真理

なくしてしまってから その大切さに気づいてくー 悔やんだり、悲しんだりしても 遅すぎるよ もしかしたら一番 この世で大切なものは 普段あまりに身近にありすぎて 気にも留めていないのかも

今あるすべてのものは 当たり前なんかじゃなく 今あるすべてのものが 奇跡的にあるとしたら 君はどうやってそれを守るだろう

おそすぎないうちに 間に合う今のうちに できる限りこのことをしよう 生まれてこれた お礼に

なくしてしまってから その暖かさに気づいてくー 悔やんだり、悲しんだりしても 遅すぎるよ もしかしたら一番 この世で大切な人は 当たり前と決め付けてて いると疑わないかも

今あるすべてのものは なんとなくなんかじゃなく 生きてるすべての人が ギリギリで生きているとしたら 君はどうやってそれを愛するだろう

おそすぎないうちに 間に合う今のうちに できる限りこのことをしよう 生まれてこれた お礼に

———————————————————————————–

果たしてどんなメロディの曲なんだろうか?と検索してたら、皆さんの意見やら感想を見つけたんだけど、 「地球温暖化問題」を思いつく人が多いらしい、そんな大それた事も大切だけど、そういう話じゃなくて、もっと身近で愛する者のことなんじゃない?なんて最初思った。(ちなみに地球温暖化問題をいい加減に考えているわけではありません)ここまでは今日の日中の話。

で、会社帰りには偶々、アル・ゴアの「不都合な真実」を見に行きました。 アル・ゴアさんは政治家として、環境問題には元々、取り組んではいたものの、中々みんなに受け入れられずにいたらしいの。そんな中、ゴアの息子さんが交通事故にあってしまい、生死を彷徨う一ヶ月間、毎日それしか見えない状態になって、それから物事の優先順位が変わったそうです。息子さんが助かってからは、環境問題にもっと本気で活動するようになったらしいの。

あぁそうだよな。私がわかってなかった。 地球温暖化問題でも同じだった!

本気でみんなの地球を守らないと、愛する自分の子供達を守ってあげられないよね。 いつか母になる(予定はないけど)のにそんなこともわかってなかったよ。 今日のうちにわかってよかった。

ちなみに私もお祖母ちゃんが亡くなったことにより、物事の優先順位がかわった経験があるんだけどさ、 何故、そこまでにならないとわからなかったのかと反省しきり。

仕事も大切だけど、もっと優先すべきものが沢山ある。 お金がなくてもいいし、仕事が納得出来なくてもいいから。 仕事も自分のエゴなんだって。

それまでだって頭ではわかっていたんだけど、心でわかんないと分かってないと同じだし。 愛する者の亡くなる前にわかっておければよかったけど、残念なことに愛する者が亡くならないとわかんないし。 愛する人は命をもっても、愛する者に何か教えていくのだと思ったのでした。

関連するキーワード