スポンサーリンク

編み針の持ち方と糸の持ち方【動画】~かぎ針編みの基礎編み~

【写真と文章】かぎ針編み 針と糸の持ち方

ごめんなさい。写真はまだないです。追記します。

糸の持ち方(糸のかけ方)

  1. 糸端側を右手で持ちます。
  2. 左手の小指の向こう側から、中指と薬指の手前を通り、人差し指にかけます。
  3. 糸端から5~6cmのところを左手の親指と中指でつまみ、右手は離します。
  4. 左手の人差し指を立てて、糸をピンと張ります。

針の持ち方

鉛筆持ち(日本で多い)

  1. 針先から4cmくらい離れたところを、右手の親指と人指し指で軽く持ちます。
  2. 中指を揃えて鉛筆のように持ちます。

よくも悪くも編み目が詰まりやすいです。

  • メリット キレイに仕上がりやすい。
  • デメリット 詰まり過ぎて固くなるかも。

ナイフ持ち(海外で多い)

  1. 針先から6cmくらい離れたところを、右手の人指し指と親指を立てて軽く握ります。
  2. ナイフを持つように、人指し指と親指で針を押さえます。

編むときに力を入れやすいです。

  • メリット スイスイ編みやすいです。
  • デメリット ゆる過ぎると汚くなるかも。

【動画】かぎ針編み 針と糸の持ち方

 

タイトルとURLをコピーしました